心の寄り添い

2021年12月30日 18:38
カテゴリ:安城市

今年のお休みは

しっかりリフレッシュして

疲れを吹き飛ばそうと決めてたのに

やってしまった階段からの転倒。

捻挫で脚が二倍位に腫れ上がるし

身体中の痛みで

意識朦朧と寝込んでしまいました。

昨日やっと意識が戻ってきたので、

まずは老犬を病院に連れていきました。

もっと早く連れて行きたかったんだけど

動けなくてごめんね。

自分の病院は行かなくても

老犬の病院はちゃんと連れて行く。

大切な家族だから。

病院を終え家に着きひと段落つくと、

捻挫した後の記憶がよみがえる。

酷い扱いを受けた悔しさと怒り。

また、このまま泣き寝入りするのか、

あの機関は酷い。

このままもやもやして

新年を迎えるのは悲しすぎると思い

脳裏に浮かびあがった先生の面影。

先生は忙しいし、頼ってはいけない

と思いながらもmailを送るしか

普通に呼吸ができる方法がなかった。

悔しかった事を必死に綴り送信したら

落ち着いてきました。

その後、まさかの先生から

返信が届きました。

忙しいのに返信を頂いただけでも

嬉しいのに、またその内容が、

私の悔しさと怒りを

汲み取ってくださる、

心に寄り添ってくださる内容で

とても心が救われました。

そして、毅然と申し出て

今後の為になるようにとも

考えてくださいました。

もやもやはもうなくなり

良い年を迎える事ができます。

お忙しいのに力になってくださった

先生に心から感謝します。

ありがとうございました。






記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)