れみへ

2022年10月02日 22:27

れみへ

remmy。

17歳のお誕生日おめでとうございます。

貴方がこの家に来た日の事を

今も鮮明に覚えています。

たまたま数日安城にきてた移動販売。

生後3ヶ月も過ぎてた貴方は

とても凶暴で売れ残ってたね。

あの子が大粒の涙を幾千も溢しながら

私に言ったの。

「これからは何でも言うことを聞きます。この仔は自分が面倒みます、だからこの仔を連れて帰りたい」

と。

あの子の初めての姿と、

段ボールのゲージが倒れそうな位に

鳴き訴えてる

れみの想いは私の心を動かした。

まさかと思いながらも、

気付けばマンションにれみが居たね。


そして約束は1日とも存在しなかった。


この前、仔犬として迎えた貴方、

思い出は沢山ある、だけど

時日は早17年と経っているんだね。

随分、身体が衰えてきたけど、

貴方に対する愛情は深まるばかりです。

愛しています。

貴方に逢えたあの日から、ずっと

そして今も、

これからずっと。

ずっと、ずぅーっと。

あいしてる。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)