ワイン会セレンディピティが伝授する愛知県知立市で縁結びのご利益がある恋愛パワースポット。

ワイン会セレンディピティ知立会場の近くに鎮座する、縁結び・恋結びのご利益のある「知立神社」

好きな人とうまく行きますように、今度こそ良縁に巡り会えます様に、そんな幸せ祈願には、パワースポットがおすすめです。
恋愛成就を神様にお願い「池鯉鮒神社」
恋愛運アップ、縁結びを叶える話題の恋愛成就パワースポット。

【御祭神】

・鸕鷀草葺不合尊うがやふきあえずのみこと(初代神武天皇の父君)

・彦火火出見尊ひこほほでみのみこと(主祭神の父君、山幸彦)

・神倭磐余彦尊かむやまといわれひこのみこと(初代天皇、神武天皇)

・玉依比売命たまよりひめのみこと(主祭神の妻、神武天皇の母君)主祭神の妻・神武天皇の母君で縁結びと安産のご利益を持ちます。
登場する神話によっては、海神や龍神の娘であったり、その神を祀る巫女だったりもします。
そして、タマヨリヒメを祭神とする神社の多くが水と縁が深い地域でもあります。
生命の源である「水」と、日の神の神霊とが結ばれ、神の御子という新たな命を産み出す。
これが、強い縁結びの力を持つ由縁なのでしょう。




【創建】
池鯉鮒大明神(ちりふだいみょうじん)と呼ばれ
愛知県の中部地域、西三河の知立市に鎮座されています。

当ワインの知立会場は、池鯉鮒BARりこりこです。

池鯉鮒とは、
池鯉鮒宿(ちりゅうじゅく)は、東海道五十三次の39番目の宿場。当時、知立神社の池に鯉や鮒が多くいたことに由来するといわれています。東海道の旅人が「きっとあの宿に入れば美味しい川魚が食べられる」との思いで、この地を目指して元気に歩き続けられるよう名付けたのではないかという説もあります。



【ご利益】
玉依比売命(たまよりひめのみこと)が祭られていることもあり
縁結び・恋結び・良縁のご利益があるとされています。

縁起物の鯉が境内の池に生息していることもあり、鯉(こい)から→恋(こい)のご利益があります。縁結びや結婚成就のご利益もあると「恋の叶う神社」としても名高く、
恋活・婚活中の独身の多くが参拝者として訪れています。
当独身ワイン会でもおすすめしている人気の恋愛パワースポットです。

知立神社の境内奥は、美しい花しょうぶ園があります。

神聖なる神社にお参りの後は、菖蒲園を散策してリラックスできるのも魅力です。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)