スタンフォード大学教授の「偶然を運命に変える方法」にワイン会セレンディピティも共感

2022年06月08日 14:04

スタンフォード大学教授の「偶然を運命に変える方法」

世の中の成功者のうち約8割の人は、今の自分の成功は「予期せぬ偶然によるもの」によってもたらされたと言っています。

セレンディピティの意味も、ふとした偶然をきっかけに幸運を掴みとる、偶然という用語が入ってますね。

偶然、といっても、棚ボタ的に運が良かった人が成功している訳ではありません。この理論は、

・人生の成功は、予期しない偶然によってその8割が形成される。

・ただ偶然を待つのではなく、自分にとって良い偶然が起きやすくなるように行動したり、偶然が起きそうな気配を敏感にキャッチすることでラッキーチャンスを増やすことができる。

・その偶然を、当人が積極的に活用し努力して、成功へつなげていく。

偶然を運命に変える力を持った人だけが人生を掴み取ることができるのです。

「年齢は年上の人じゃないと頼りにならないからダメ」
「身長は170センチ以上背の高い人じゃないとイヤ」
「年収は800万以上ないと問題外」

このような考えを持つ女性は、たった2割の確立でしか幸福を掴めないことになります。絶対譲れない条件を持つ事は良いのですが出来れば満たしてほしい条件は余り気にしないことです。そして自分の考えに執着することが、ラッキーチャンスを減らしてしまいます。

そんな傾向がある女性はまずセレンディピティのワイン会など集まりに顔を出す、さまざまな異性と交流する機会を増やしてください。この後が肝心です。

少しでもいいなと思った相手と、お誘いがあれば一度会ってみる、一度食事してみる。「偶然を受け入れる」ことにより、思わぬ運命に遭遇するものです。

また、誰かに紹介を頼む時は、自分の希望条件を細かく伝えるのではなく、「私に合う人いないかな?」程度に言うことです。あとはその人の判断に任せてしまいましょう。
紹介された相手がイマイチだったとしても、めげてはダメです。
イマイチだった相手のようなタイプと出会う「危険性」も承知で動かないと、「偶然」を「運命」に変えることはできないのです。

偶然を柔軟に受け入れ、自分のカンをたよりに自ら偶然を掴み、幸せな運命を引き寄せてみましょう。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)